よく、子どもが巣立ってしまい寂しいという声を聞くことがありますが、わたしの場合は寂しさよりもよろこびの方が強いのではないかと想像しています。

想像というのは、まだまだ娘ちゃんは家で一緒に住まいますし、内面的にも少し幼めなので、子どもが離れていくな~という強い感覚を持っていないからです。



心配して声をかけるとうるさがり、

大学入学前の細かな準備や提出物も、こんな感じでした。


とにかく、行動がギリギリ! 



見通し立てず、行き当たりばったり



甘えてきたかと思えば、刺すような言い方で、人を傷つけるという、本当に扱いにくいことこの上ない感じ SONY PSP go 16GB パールホワイト



これからは、


この前、本人にも伝えました。


「ママ、卒母するからよろしくね」


お互い自立した者同士になろうよ、と話すと、娘ちゃんは言いました。


娘「ママ、子離れ早すぎるぅ~


私「なにを言っている?!いつまでも親にまとわりつかれたら、迷惑な話だよ!」




これからは、

自分のために仕事をしたいな~
新たなチャレンジもしたいな~

この18年、子どもはもちろん家族(元夫、姑など含)に、精神的なパワーを持っていかれてきたけど、これからは可能な限り自分のために、心身ともに使いたいな~と思います。



今までとは、違った家族関係を絆を作れるように、がんばろうと思います。



というわけで、わたしは 『卒母』します。



にほんブログ村